特番ぴりか物語ぴりか物語

12345...

今金男しゃく 爽やかな夏の畑で~ピリカ男しゃくの今金日記~

2017/07/29

 7月6日の今金は、北海道にも本格的な夏の到来を思わせる暑い日差しが畑にふり注いでいました。

 前回(6月13日)は、まだまだ小さかった男しゃくは、もう、花をつけ始めていました。今回は、山道を登った小高い丘の上の畑にお邪魔しています。

 

DSC_0012e
 通り抜ける風にゆらゆらと揺られながら、”太い・厚い・緑が濃い・つやつやした”葉っぱと茎、見るからに健康そうなしっかりした男しゃくは見事でした。しっかりたくましい茎・葉の姿に比べ、花はとっても可憐なんですよ。薄紫で清楚な姿、この景色も北海道の見どころの一つになるのでは・・。満開になるのが楽しみです!

 imakane_cara1
 こちらの畑の経営者の宮本 翼(たすく)さんに話を聞いてみました。

宮本さんは「農業をやりたいと思ったのは中学生の時、父の姿をみて決めていた」といいます。高校を卒業後、後継者として跡を継ぐためすぐにお父様のもと13年間農業しながら経営も学び、昨年の春からお父様に代わって農業経営者となりました。水田・芋・麦・白大豆・黒豆など合わせて46haの作付けをしています。

 

DSC_0033

 

 「農業はやればやるだけ、自分が頑張った分だけ収穫の秋には応えてくれる。毎年毎年その年で収穫量や所得が違うので緊張感があり、いい時もあれば悪いときもあり、それもまた、農業の面白さ」。また、「男しゃくは芋の中でも歴史のある品種なので、品種改良等されていない分、病気などに弱く、育てるのが難しい。だから、管理作業は手を抜かず、一生懸命やっている。また、土質づくりには特に力を入れている。小培土と中培土と必ず2回盛る。」これはお父様の時代からずっと受け継いできている作業の一つだそうです。

imakane_cara1a

 

 「大変でも手を抜かず、手を掛ける。そして、培土を美しく盛る。」まさしく、今金男しゃく職人。いろいろ試行錯誤してきた結果、「昔からのやり方を手を掛けずに合理化するばかりではだめ。昔からの手法はいいところが多く、それを引き継いで今金男しゃくを守っていきたい」と熱く語ってくれました。

 

DSC_0036

 

imakane_cara1b

宮本さんに「今金男しゃくのここが一番!」というお題に答えていただきました。

 「今金の男しゃくは、単純な料理でもおいしく食べられる!味をつけなくても芋の味で勝負できるところ。たとえば、塩煮にしたときの香りといい、ほくほく感といい絶品!」。今金では収穫の時の芋のライマン値(でんぷん値)の基準値を高く設定しているそうで、最後まで気を抜かず、いいものを消費地に届けたいという職人の意気込みが伺えます。

 宮本さんからいただいた「今金男しゃく ここが一番!」は「今金男しゃくは香りとほくほく感が最高!」でした。

 

imakane_cara1c

 次に「今金 ここが一番!」を伺ってみました。

「あったかくやさしい人が多く、落ち着く町。となり近所との繋がりやふれあいがあるためか、一度都会に出ていた人がまた今金に戻ってくる人が多い。」

 宮本さんからの「今金 ここが一番!」は「今金は近所との”繋がり・ふれあい”があったかい!」でした。

 

 今回話を伺って、今金町は昔からの品種の男しゃくを大切に守り、昔からの今金職人の技が継承されていっていることを感じました!

 

imakane_cara1

 

 

 

 

 

 

 

教えてピリカ男爵~培土って・・?

 

プリント

 

上の写真をよーくみてみるのじゃ。培土とは、「作物の株際に土を寄せる作業のこと。土寄せ」ともいう。培土をすることによって、いい芋ができるのじゃよ。培土の大切な役目は次のようなことじゃ。

一つ目は、芋の肥大開始時期に培土を行うことで緑化イモの発生を防ぐ。

二つ目は、株の根元が押さえられるので倒伏防止効果がある。

三つ目は、土中の温度を芋の肥大に最適な温度に保てる。

だから手を抜くことはできないのじゃよ。お分かりになったかな!

 

 

 

 

 

今金男しゃく 初夏の畑で~ピリカ男しゃくの今金日記~

2017/07/07

 6月13日の今金は透き通るような快晴で、鳥のさえずりがあちらこちらから聞こえ、初夏の香りに包まれていました。

 DSC_0025
 5月の連休前には平年同様植え付けが終わり、1か月ちょっとたった男しゃく畑の様子です。

 畑の風景を見て出た第一声は、「きれい!」でした。空気もきれい、山並みもきれい、畑もきれい!まだ、小さく茎とはっぱでしたが、どこか違うな~って思います。農業経験なしの私に、どこが違うと聞かれても・・ですが、とにかく「きれい!」でした。

imakane_cara1a

 6月の太陽をいっぱいに浴びて、太い茎と緑が濃~い葉っぱが見事!感動!これが今金男しゃくとばかりに、空に向かって葉を広げています。

 いい土と、昼と夜の寒暖の差が大きいこと、また日中いい風が吹き抜けるという自然の恩恵とそれを生かす生産者さんの努力があって、今年もいい男しゃくが育っているのですね。

imakane_cara1

 こちらの畑の生産者の土橋龍二さんに話をききました。

 土橋さんは高校を卒業後、北海道立農業大学校に進み、卒業後、お父様のもとで就農して9年になります。小麦・大豆・小豆・米・芋・ビートなど45haの畑作中心の農業を営んでいるそうです。

DSC_0017

 最初はわからないことだらけで、親や先輩、仲間に聞きながらようやく9年、もう9年たちました。疑問に思うことは、周りの先輩や仲間お父様に聞いて自分なりに考え十分納得してから行動に移すという。

 「農業が大好き!」という土橋さん。手をかけた分だけ形になるし、努力した成果が実感できるところが農業の魅力だという。「自然相手なので、どうしようもないこともあるが、それ以外は努力が結果につながる」。「今後は大規模化して、地力を高めていきたい。もっともっといい土を作っていきたい」。そして「これからも全国トップの品質を保っていきたい」と目を輝かせ、力強く話してくれました。

imakane_cara1b

 土橋さんに『今金男しゃく ここが一番!』というお題で一言お願いしました。

 

 自分では気がつかなかったですが、本州の友人、知人に男しゃくを送るとみんな「甘い!!うまい!!」と絶賛すると言い、改めて今金男しゃくを再認識するという。

 土橋さんからいただいた「今金男しゃく ここが一番!」は「今金男しゃくは甘い!!うまい!!」でした。

 

imakane_cara1c

DSC_0019

 次に「今金 ここが一番!」を伺いました。

 周りの農家さんがやさしくて、みんないい人ばかりなので地元が好き。仲間との絆、繋がりが深いためか、ほかの町村に比べ農業を継ぐ若い人が多いという。

 土橋さんからいただいた「今金 ここが一番!」は「今金は農業を継ぐ若い人が多い」でした。

 

 今回話を伺って、今金に希望や勢いを感じました。若い力は今金男しゃくを未来に繋ぐ財産になりますね!!

imakane_cara1

色鮮やかなミニトマトの収穫〜北海道今金町ミニトマト生育リポート⑥〜

2016/07/02

 週末からずっと、あいにくの雨模様だったのですが、取材当時は今金町に着いた途端にピンポイントで雨がやみました。さすが晴れ男だな、と自画自賛でした(笑)

 それでは、2013729日(月)今金ミニトマトの生育リポート⑥と宜しくお付き合い下さい(*^^)v

 

 

 今回のリポートは、今金ミニトマトの収穫作業ということもあり、個人的にとても楽しみにしておりました。もちろん試食ができるという勝手な期待からです(笑)。

 早速、ビニールハウスに入ってみると・・・

 枝葉の艶やかな緑の中に、ミニトマトが鮮やかな赤い宝石となって散りばめられておりました。しかも家庭菜園でのミニトマトのイメージしか持っていなかった為、私の予想をはるかに超える実の付きようで、驚きをかくせません。「ミニトマトってこんなにもたくさん実が着くものなのかぁ〜」というのが正直な実感です。

 

 もちろん、収穫作業もスピードが要求されてるようでした、この日も農ガールのお方がテキパキと収穫作業を進めていました。採っても採っても、どんどんミニトマトが赤くなるのさぁ〜」とのこと。恐るべしミニトマトの収穫作業・・・

 

 とそこで、さりげなく「あのぉ〜、もぎ立てのミニトマトを食べたいのですが・・・」意外にも素直な一言が口についてしまいました。

 という訳で、あっさりと所願成就できました(笑)

ほのかな酸味で、実に美味しいミニトマトでした。「もぎ立て」ということに、こだわりがあったので食べることができ、本当に大満足でした。

作業中にも関わらず、快く対応していただき、本当に有難うございました。

 

 

ここからは、選別・出荷作業へと移りたいと思います。大まかではございますが、4つの工程に分け、写真に収めてみました。

 

    機械を使って、サイズ別に仕分けをしていく作業です。

   *水色のコンテナ(プラスチックのカゴ)に4つのサイズに仕分けしていきます。

    仕分けされたものを手作業でパック詰めをしていきます。

    それを、ひとつ大体210g以上になるよう調整します。

    最後に、箱詰めにして完成です。

 特に、私は①のミニトマトのサイズごとに仕分けする作業を黙ってボーっと見入ってしまいました。なんか面白く感じるんですよ。こんなことが好きなのは、子供と私だけだと思いますが…(笑)

 

 

 最後に、皆さんは黄色ミニトマトがあることをご存知でしたか?不覚にも私は全く知りませんでした。今回初めて見ましたが、最初は赤くなる前の黄色のミニトマト収穫してどうするんだろう、とさえ思ってしまいした(笑) 

 

 私が知らなかっただけなんですが、別の所に黄色ミニトマト専用のビニールハウスがあったようです。早速ですが、黄色のミニトマトを試食させていただきました。

 「甘い」この一言につきます。こんに甘くて美味しいミニトマトを食べたことがなかったので、感動しました。ほんと果物みたいなミニトマトです。

 

 

 今回のリポートは、どうでしたか?今金町のミニトマト食べてみたくなったのではないでしょうか?興味をもたれた方は、ぜひJA今金町まで気軽にお問い合わせいただけたらと思います。黄色のミニトマトは、リポーターの私としても一押しです!!(*^^)vほんと甘いフルーツのようでした。

一部ビニールハウスを観光農園として位置づけ、ミニトマト狩りツアーを組んだら、けっこう儲かるのではないかといつもの勝手な妄想を抱いて今金町をあとにしました(笑)

シイタケ栽培の巡回指導を行う

2014/05/22

 5月、今金ではあちこちで畑が動きだし、元気な土の香りが漂っています。
 今日5月13日は、1回目のしいたけ栽培の巡回指導の日です。今金には3軒の”しいたけ職人”のほ場があり、順次、巡回して菌のまわり具合を確認して指導します。それぞれ進み具合に多少の差がありますが、いずれも例年並みの状況のようです。
 さて、ハウスのなかでは、すでに順調に菌もうが出てきています。仮伏せが順調に進み、本伏せの時を迎えている証しです。普通、植菌してからおよそ2ヵ月で白い菌が原木を覆います。仮伏せ、本伏せの工程は「伏せこみ」と呼ばれ、仮伏せは植菌して菌を木に移す期間です。普通、およそ2ヵ月で白い菌が原木を覆います。本伏せとは、菌を木に浸透させる期間です。その間、原木の入れ替え作業を繰り返し、木が平均的に熟成して栄養を取りやすくしてやるのです。この作業をおよそ4ヵ月繰り返します。

 今金でいちばん古くからしいたけ栽培を行なっている“しいたけ職人”。40年の栽培歴があり、「食べて安心、美味しいきのこ」への思いと、原木栽培にこだわりを持っています。「原木栽培のしいたけは日持ちがします。そのうえ美味しくて安全です。はじめた頃は春秋2回の収穫でしたが、夏にできる品種が現れてから1年間栽培をしようと思いました」とのこと。
 “しいたけ職人”は、ハウス内の温度を22℃から23℃に保ちます。雑菌が活動しない適温。しいたけ栽培は、なんといっても温度と湿度の管理が重要です。いかに良い環境で栄養成分や菌を廻すか。3月に入ったらハウスにネットを掛け、陽をよけて適切な温度と湿度を保ちます。

 
 「今まで試行錯誤して勉強し、殻にはまらない広い視野で情報を収集することが大事と学びました。この40年間、仲間との失敗話ばかり、日々、勉強の毎日でした。」
最後に「1日の仕事が終ったら、必ず、考える時間を作ることが大切」とベテランの職人は締めくくってくれました。
 どこも高齢化で、手間のかかるナラの木を切る人が少なくなり、原木の入りが悪くなった。最近の”しいたけ職人”の悩みだそうです。

 
 
 
 
 

(さらに…)

あきこ(秋小麦)はうどんになりました!

2014/04/30

   はるこ(春小麦)は函館でパンに変身して、函館の人々に愛されていることは前回のブログで紹介しました。

一方、あきこ(秋小麦)にも、函館で出会うことができました。

あきこは手打ちうどんに変身していました。「えぞ屋」という手打ちうどん屋さんで、何とも言えないこしと柔らかさを兼ね備えた白く輝く“麺“に変身していました。今金小麦職人と、えぞ屋さんのうどん職人堀場さんの双方の技と想いがあきこを最高に輝かせてみせました。

うどんをこよなく愛するえぞ屋さんの紹介をしたいと思います。えぞ屋さんの扉をあけると、そこはまさに”昭和“でした。昭和の雰囲気の店の中で、なんと、うどんは”平成“そのものの手打ちうどんです。ほかではあまりみられないパスタ感覚のメニューや、JA職員Sさんの一押しのごぼうがそのまま天ぷらになっているごぼう天うどん、ヘルシーなだいこんの千切りが函館山のようにのっかっていて、女性にうれしいサラダ感覚のうどんなど・・・創作メニューを楽しませてくれます。もちろん、定番のたぬきうどんもございます。

■えぞ屋 〒040-0015 函館市梁川町27番7号 TEL0138-32-0668


 今金の地で一生懸命穂をつけたあきこがこんなふうに、いろんな味でみなさまに親しまれているかと思うと感慨深いものがあります。今年も、どれだけの人に感動を届けられるでしょうか。楽しみですね!


 

(さらに…)

12345...

「特番ぴりか物語」に戻る