特番ぴりか物語ぴりか物語

...34567...

花が咲く直前に定植となります〜北海道今金町ミニトマト生育リポート②〜

2013/05/16

 

桜前線が北海道に上陸したということで、もしかしたら今金町で今年初のお花見ができるかなと楽しみにしておりました。ところが、59日の今金町は桜の開花はまだ先のようでした。春よ来い♪早く来い♪春の訪れが遠く感じる今回の取材となりました。

しかし、ここ今金町のビニールハウスの中は、少し汗ばんでしまうぐらいのポカポカした陽気に包まれておりました。前回の取材から2週間しかたっていないのに、ミニトマトがグングンと育っています。成長の度合いがこんなにも早いなんて本当にビックリです。

ビニールハウスの土の部分は、銀色のマルチシートが敷き詰められています。なぜかというと、土の上にシートを被せて温度管理をしている、とのとでした。しかも、このマルチシートは色によって効果が異なるようで、様々な農家さんが自分の土壌に合う色を選択して使っているそうです。ちなみに、こちらの藤倉さんでは表が銀色で裏が黒のマルチシートを使用していました。

 

黒いポッドに入っていたミニトマトの苗が、定植されて背丈で30cmぐらいにまで成長しています。定植とは最終的に育て上げる畑、植えなおす作業のことをいいます。家族総出で5,200株ぐらいを一株ずつ敏速に手作業で行うそうです。ビニールハウスの中は100坪ぐらいあるので、大変な農作業だと感じました。ポッド苗から定植をするタイミングというのも難しく、ミニトマトの収量に大きく影響するそうです。そのノウハウは、ミニトマトの花が一輪咲くか、咲かないかのタイミングがベストだということでした。

天候に左右されることが少ない「ハウスもの」といわれるミニトマトですが、今回のリポートで今金ミニトマト職人さんの“食卓に安心安全で美味しいミニトマトを届けたいという想い”と“経験に裏付けされた高度な知識”の融合を垣間見たような気がしました。

 

 

追記

実は、隣のビニールハウスにて今回の定植作業の前段階である幼苗を黒いポッドに移す作業である「鉢上げ」を手伝ってきました。私も手伝わせていただくことになり張り切って行いましたが、その姿は「鉢上げ」ごっこ!?をしている子供のようではなかったかと思われます(笑)

 

上の写真の左上にある幼苗の束をひとつずつフォークで取り出し黒いポッドに移し替えます。けっこうな前傾姿勢で根気のいる作業なので、軟弱な私は軽く頭がボッーとしてしまいました(笑)

ちなみに上の写真の人物は私ではなく、今でいうところの農ガールさんです。あしからず・・・。

 

  

忙しいところを邪魔しただけになってしまい、本当に申し訳ございませんでしたm(__)m 今金町の大地の職人さんである女性の方々の温かい人柄に触れ、北海道の大らかさを感じることが出来ました。おかげで「鉢上げ」作業という貴重な体験が出来たことを心から感謝申し上げます。

 

(さらに…)

2013年 ぴりか物語 今金男しゃく。ふかふか寝床が恋しくて。

2013/05/09


  5月に入っても、北海道のあちこちで季節外れの雪がふりました。

  今金の里にも春を告げるフキノトウやつくしがあちらこちらにみられますが、まだまだ空気がピリピリと冷えています。いつもなら、「春だ!春がきたよ〜!」と鳥たちのさえづりが響きわたっているのですが、お天気の悪さのせいか、今年は今ひとつ元気がないようです。


  畑の土もまだまだ湿っていて、男しゃくたちの理想の寝床になるにはもう少し風と日差しが必要です。

例年なら、空気をいっぱいに含んだふかふかの栄養満点な寝床で「今年もやっぱり今金男しゃくだ!言ってもらえるように頑張るぞ!」と意気込んでいる時期ですが、今年は倉庫でそのときをじっとまっている忍耐強い男しゃくの姿もありました。

 今金男しゃく職人たちも、同じように不安を抱きながらもその時がくるのをじっと待っていました。お天気とにらめっこしながら、この2,3日中に寝床に戻さなくてはまた、機会を逃してしまうということで、その頃合いを見計らって職人の経験で畑を耕起し、ほくほくの寝床をつくり、男しゃくたちを入れ始めてる風景がありました。今金男しゃくたちは「待っていました!」と、うれしそうに寝床に入っていきます。「少しの間・・・おやすみなさい、今年もみていてね!」

 

(さらに…)

2013年 ぴりか物語 はるこ(春小麦)とあきこ(秋小麦)の春

2013/05/09

5月に入っても、北海道のあちこちで季節外れの雪がふりました。

今金の里にも春も告げるフキノトウやつくしがあちらこちらにみられますが、まだまだ空気がピリピリと冷えています。いつもなら、「春だ!春がきたよ〜!」と鳥たちのさえづりが響きわたっているのですが、お天気の悪さのせいか、今年は今ひとつ元気がないようです。

  畑の土もまだまだ湿っていましたが、4月21日くらいに種をまいて、10日くらいたったはるこ(春小麦)が顔を出していました。その姿は、今金の畑の栄養をいっぱい蓄えて、凛としています。「こんな寒さなんかに負けないわ!」と。

一方、あの儚げなあきこ(秋小麦)は、一冬雪の下で過ごした経験から「私は何があっても大丈夫よ!」と畑にずしっと根を張ってみちがえるほどたくましくなっていました。緑が濃くしっかりしたあきこ(秋小麦)は「何があっても動じませんわ!」とまさしく今金の姉さんです。

『今金男爵ポテサラごはんを食べてみました』〜今金ミニトマト生育リポート番外編〜

2013/04/30

実は今金町ミニトマトの生育リポートの際に、先月の331日にデビューしたばかりの今金町のご当地グルメ『今金男爵ポテサラごはん』を食べてきましたよ(*^^)v

いい意味で、私の予想をはるかに超えるご当地グルメでございました。まさか重箱で出てくるとは思いませんでしたねぇ〜。ポテサラごはんと聞いて、ポテトサラダとご飯で食事ができるかどうか不安でしたが、意外と相性抜群で美味しゅうございました。上記の画像には掲載されておりませんが、デザートも美味しくてGOODでした。

今金町のご当地グルメを味わえるのは、町内にある5店舗のみとなっております。今回、私はその内の一軒である『石田屋』さんの今金男爵ポテサラごはんをごちそうになりました。5店舗すべてのポテサラごはんをコンプリートするのも楽しいかもしれませんね。

ぜひ皆様もポテサラごはんを食べに、上記画像の北海道のかたちをしたご飯の上にある梅干しの標す所『今金町』に遊びに来て下さい!

お待ちしておりまぁ〜す!!

↓詳しくは、

今金男爵ポテサラごはん公式サイト

http://www.potesara.jp(*アドレスをクリックして下さいね)

(さらに…)

ミニトマトの育苗で噴水を見た!!〜北海道今金町ミニトマト生育リポート〜

2013/04/30

 JA今金町のホームページをご覧の皆様こんにちは!!4ヶ月ぶりの登場となりますレポーターのタケでございます。ご無沙汰しておりましたが、皆様お元気でお過ごしでしたでしょうか?昨年から引き続いて、今年も運よく!?今金町農業協同組合ホームページのブログを担当させていただくことになりました。どうぞ宜しくお付き合いの程お願い申し上げます。

 

 輝ける2013年の一発目の取材は、皆様の食卓に彩りを添えるカワイイ野菜の代表格『今金ミニトマト』でございます。例年になく春の訪れが遅れている北海道ですが、422()の今金町も肌寒い一日でした。そんな中、ビニールハウスの中では、すくすくと元気に育っておりました。

黒い容器(ポットといいます)に入ったミニトマトの苗は、これから選定をされた後に、ほ場(畑のこと)へと移されていきます。その選定の見分け方に今金町の大地の職人の高度なテクニックがいかんなく発揮されております。簡単にいってしまえば葉数が多いものを省くということですが、素人の私にはどれも同じ苗に見えてします()。正直、プロの匠の技を見たって感じがしました。

  

上記の画像は、ミニトマトに水をやっている最中のベストショットでございます。よぉ〜く眼をおっぴらいて見て下さい。画像の中央に微かな噴水のようなものを確認できませんか?正直、かなり微妙で切ないベストショット画像()となってしまい、深く反省しております・・・。

実は自家製散水機でミニトマトに水を与えているところなんです。野外での散水は、スプリンクラーを用いて、ビニールハウスの中での散水は、じょうろなどで手作業をしているとばかり思っていました。ハウス内での散水が機械化されているなんてとても驚きでした。

 

今回、農作業の生産性を上げるため、日々努力を積み重ねているミニトマト職人さんに触れて、たくましさと安心を感じることとなりました。なんだかビニールハウス内での散水のことを噴水みたいだと思ってしまった自分が恥ずかしくもなりました。

突然の取材にもかかわらず、快く対応していただき、澄んだ眼差しでミニトマトのことを熱く語ってくれて藤倉さん夫婦に「この人が育てたミニトマトなら安心して食べられるなぁ〜」と思い、今金町を後にしました。

(さらに…)

...34567...

「特番ぴりか物語」に戻る