特番ぴりか物語ぴりか物語

今金小麦
12

あきこ(秋小麦)はうどんになりました!

2014/04/30

   はるこ(春小麦)は函館でパンに変身して、函館の人々に愛されていることは前回のブログで紹介しました。

一方、あきこ(秋小麦)にも、函館で出会うことができました。

あきこは手打ちうどんに変身していました。「えぞ屋」という手打ちうどん屋さんで、何とも言えないこしと柔らかさを兼ね備えた白く輝く“麺“に変身していました。今金小麦職人と、えぞ屋さんのうどん職人堀場さんの双方の技と想いがあきこを最高に輝かせてみせました。

うどんをこよなく愛するえぞ屋さんの紹介をしたいと思います。えぞ屋さんの扉をあけると、そこはまさに”昭和“でした。昭和の雰囲気の店の中で、なんと、うどんは”平成“そのものの手打ちうどんです。ほかではあまりみられないパスタ感覚のメニューや、JA職員Sさんの一押しのごぼうがそのまま天ぷらになっているごぼう天うどん、ヘルシーなだいこんの千切りが函館山のようにのっかっていて、女性にうれしいサラダ感覚のうどんなど・・・創作メニューを楽しませてくれます。もちろん、定番のたぬきうどんもございます。

■えぞ屋 〒040-0015 函館市梁川町27番7号 TEL0138-32-0668


 今金の地で一生懸命穂をつけたあきこがこんなふうに、いろんな味でみなさまに親しまれているかと思うと感慨深いものがあります。今年も、どれだけの人に感動を届けられるでしょうか。楽しみですね!


 

(さらに…)

はるこ(春小麦)の香りかおる函館へ!

2014/03/13

   神戸、横浜とならんで“パン文化”先進地の函館で、今金町産小麦「春よ恋」を使ったパンが、「これまでにない風味、甘さやコク、ふんわり感がある食パン、フランスパン」としてすっかり定着し、評判になっています。

    今から6年前のことです。今金町のある“小麦職人”が、函館などの製パン業者らでつくる「函館焼きたてパン研究会」のメンバーの一人に「春よ恋」を売り込みました。「春よ恋」は道南以外でも栽培されていますが、グルテンが少なく、膨らみが弱いためパンには不向きとされていました。しかし、今金産の「春よ恋」はグルテンが多く、パンにすると歯ごたえがあり、優しい甘味を醸し出しびっくりするほどおいしいパンになりました。これはいけると確信し、研究会加盟の5店のパン職人が、研鑽をかさねて商品化に成功、5年前の2月に函館市内で一斉に発売され、評判を呼びました。「春よ恋」生産者の職人とパン作りの職人の技と熱意で、パン文化先進地の函館を代表するパンができあがったのです。
   市内のホテルからも引合いがあり、観光客にもジワリと浸透していきました。「今金にこんなにパンに向いた小麦があるとは知らなかった」というパン屋さんの驚きは、今金町の“小麦職人”にとっても大きなサプライズだったのです。
   函館の方はもちろん、函館旅行に行った際には、「函館焼きたてパン研究会」の職人によって焼き上げられた今金町産「春よ恋」のパンに出会ってみていただきたいものです。
以下のお店で販売しております。

■焼きたてパンの店 BAKERY ル・レーブ 
〒040-0082 函館市白鳥町17番18号
TEL 0138-84-5583

■パン工房 元町 ぼん・ぱん
〒040-0553 函館市末広町18-1
TEL 0138-22-8008

■手作りパンの家 こすもす
〒041-0811 函館市富岡町2丁目46-8
TEL 0138-40-8022

 ■パン研究所 神戸こむぎ館
〒040-0011 函館市本町28番14号
TEL 0138-55-3825

■吉田食品 フレッシュベーク ヨシダ 
〒040-0294 函館市高盛町16番9号
TEL 0138-51-4210

 
 

 

(さらに…)

2013年 ぴりか物語 黄金色の”はるこ”刈取りの時!

2013/08/12

8月、北海道も夏まっただ中です!とにかく、暑い!!

セミのジージーという声がさらに暑さに拍車をかけています。


 なんと1か月前に穂に花をつけていた青いはるこ(春小麦)は黄金色に色づき、太陽の光を受け、キラキラと輝いています。今か今かと準備万端整えて、刈取りの時を待っていました。

一足早く、あきこ姉さん(秋小麦)は刈取りが終わっていました。あきこ姉さんは“はるこ”が無事に刈取りを終えられるか心配し、お天気がつづくのを祈りながら倉庫でしばしお休み。

8月8日、ひゅんとしたひげを天にむけている“はるこ”に、その時が来ました。今から収穫がはじまるのです。粒がそろっている“はるこ”。「今年の小麦は出来がいい。」と職人がつぶやきました。“あきこ”“はるこ”ともよく、がんばってくれました!!

2013年 ぴりか物語 ”あきこ”と”はるこ”に花が咲きました!!

2013/07/05

7月に入って、今金にも本格的な夏がやってきました!今金の鳥たちも夏の太陽のもと、思いおもいに力いっぱい鳴いています。カッコー、ピーッ、チュンー!!


下の写真は7月3日の様子です。


 この2週間くらいの間に、“はるこ”(春小麦)はめざましい成長をとげ、花が咲きその短い花の時を終えました。ようやく“あきこ”(秋小麦)姉さんに追いついたかなという“はるこ“です。穂の先には細いヒュンとしたひげを夏空に向け凛としている姿は、春に見たか弱い”はるこ“を思うと感無量です。さわさわと今金の風に体をなびかせ、しなやかに体をゆらしている”はるこ“は「あきこ姉さん、”はるこ“も一人前に花をさかせることができたのよ!」といっているようです。

一方、“あきこ”は、“はるこ”の成長を喜び、あいかわらず堂々とした力強い穂を空に向けていました、ひと回りもふた回りも大きくがっしりたくましい穂を左右に揺らしながら、ひと足早くラストスパートに入ります。小麦をなでてやるといい小麦が出来るといいます。今金の里に吹く風が小麦にとてもいい自然の恵みとなっているようです。これから、一日一日、お天気とのせめぎあいです。もうすぐ、黄色く色づく時を迎えるのですが、大雨や台風の来ないことを祈るばかりです。

 

2013年 ぴりか物語 あきこ(秋小麦)に穂が!!

2013/06/19

6月に入って、急に暑くなった北海道。今金の鳥たちも突然の夏の陽気に気持ちよさそうにおもいっきり大合唱をしています。それに合わせて虫の声も聞こえ始めてきた今金です。

1か月前はやっと顔をだしたばかりのはるこ(春小麦)でしたが、あきこ(秋小麦)姉さんに負けてはならずと一生懸命追いつこうと栄養をぐんぐんと吸って、もう止葉期を迎えていました。止葉をつけているはるこ(春小麦)は止葉の茎の中に幼穂を大事に育てていました.「あと少しで幼穂が元気に顔を出すのよ。大事にそだてなくっちゃね!」。今金に吹くここちよい風の中、はるこ(春小麦)の独り言が聞こえてきます。

一方、あきこ姉さん(秋小麦)は、はるこ(春小麦)の様子に一安心。自分はというと、すでに出穂期を迎えていました。この1か月でもう十分な栄養を蓄え、あちらこちらから青い穂が顔をだしていました。あいかわらず、たくましい体を左右に揺らしながら、「今年も無事に穂を出すことができたわ。あと1か月、気を抜かずに黄金色の穂に育ててみせる!」今金のあきこ(秋小麦)姉さんの自信にみちた声が聞こえていました

 


 

                                   

 
 

(さらに…)

12

「特番ぴりか物語」に戻る