特番ぴりか物語ぴりか物語

...678910

2011年 ゆめぴりか物語   子育て編  中野 公郎さん

2011/07/07

 今年から「ゆめぴりか」の栽培に
挑戦している中野公郎さん。現在の状況は「分けつが旺盛で生育は順調だと思います」と、元気に育っていることに一安心。
 最近は管理作業が中心で、早朝に田んぼの水を見に行き、少なければその日の夜に水を入れる。子供を育てるのと一緒で毎日毎日真剣に地道に取り組んでいるのです。あとは畦草を刈り、病害虫の予防に心をくだく。「できるだけ低農薬で、安全・安心第一の米をつくりたいと考えています。ですから少しくらい害虫がついても簡単には防除しません」と語る中野さんは、米づくりの基本を忠実に守って栽培を心がけています。

 
   以前はミスト機を背負っての田んぼの中を歩いての害虫や病気の防除作業が当たり前でした。「今は、播種時や育苗中の箱処理で済むので、かなり負担が軽くなりなしたね」と遠くを見る中野さん。「最初の収穫をして収量や歩留まりがわかれば、改善点も見えてくるでしょう」とどんな風に成長してくれるか、収穫の秋に思いをはせます。
 米職人中野さんの「お米をよりおいしく」のポイント!!「そりゃ釜で炊くのが一番ですが、普通は炊飯器を使っています。まあ、玄米で保管して少しずつ精米して新鮮な米をいただくようにしています・・」。一度ためしてみてはいかがでしょうか!

 

2011年 ゆめぴりか物語 田植え編

2011/06/02

  6月だというのに、今年の北海道はまだまだ寒いです。

北海道の南に位置する今金町でも今年は天候の悪い日が続き、春の作業がいつもの年と比べて10日ほども遅れています。

  昨年デビューの「ゆめぴりか」の田植えも5月25日からようやくはじまりました(〜今金の田植えの最盛期は6月上旬になりそうです)。

遅い田植えになりましたが、これからのお天気に願いを込め、美味しいお米に育つことを願いながら、収穫の秋まで一生懸命まごころ込めて育てていきます。

           

 

 

 

                 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  〜今金を通りすぎるとき田植えの風景に出会えるかもしれませんね。〜

 

(さらに…)

ゆめぴりか物語8月19日

2010/08/19

登熟が進み、だいぶ稲穂が垂れてきました。今年は例年に比べてとても生育が早く、収穫期は間近に迫っています。

 

ゆめぴりか物語
...678910

「特番ぴりか物語」に戻る