特番ぴりか物語ぴりか物語

令和「今金米ふっくりんこ」黄金色に!

2019/09/20

 

 

 

 9月の今金、田んぼの縁ではススキ、そしてコオロギの鳴き声、透き通る風が吹き抜け、収穫の秋到来です。稲穂には光が差し込み黄金色に輝いていました。今金米の稲穂が左右に揺れる中、あちらこちらの田んぼでは、たわわに実った稲の稲刈り真っただ中です。

 

 

 

 

↓下の写真 秋を感じさせるススキが傾くほど、今金特有の風が今日も吹いていました。

 

 

 今回も今金稲作部会:吉本部会長の稲刈り作業を見せてもらいました。
 田植えから4ヶ月、「おいしい」と言ってもらえる高品質米を作ることを目標に、管理作業に汗を流しようやく最後の仕上げ、収穫作業です。夕方から雨の予報ということで、だんだん空が暗くなる中、少しでも多く刈り取りをと奥さんがコンバインの操縦をして刈り取りに精をだし、吉本部会長は倉庫の中での作業と、夫婦協力して収穫作業の追い込みをしていました。

 作業の合間に吉本部会長に一言いただきました。「7月前半の気温が低温に推移していたので、不安はよぎるが・・・。ふっくりんこは道南でできた米の品種で今金の気候にあっていて育てやすい品種なので最終まで気を引きしてめて取り組みたい」とふっくりんこへの期待を話してくれました。
 全国のみなさん、新米を食べられる季節到来です。今年もおいしい新米を存分楽しみたいですね!

ふっくりんこ 田んぼへGO!

2019/06/27

 5月中旬、今金の田んぼは準備万端整えられ、いつもの風のそよぐ中、田植えを待っています。
 令和になって最初の年の田植えがあちらこちらで始まりました!

 今年は天気もよく、いまのところ順調に作業がすすんでいます。昨年が全道的に不作だったので、今年はいい年にしたいとの願いを込めて田植えが始まりました。

 苗は浅すぎず、深すぎず適正な深さに植える。これも職人の技がものをいいます。

 

 

 

上の写真は5月14日の田植えの様子です。

下の写真は6月13日の田んぼの様子です。

 

 

 今回も今金稲作部会の吉本部会長に田植えの後の作業について伺いました。

 吉本部会長は「田植えのあとは、生育ステージに合わせた毎日毎日の管理作業(草刈りや水の調整など)が大事になる。そのなかでも、水の管理が重要でとても気を使う」という。「天気にあわせて水を入れたり抜いたりりする絶妙な加減が大事だ」と教えてくれました。米職人ならではの技・長年の経験が今金米の「高品質・美味しさ」につながっているのでしょう。
 また、「たくさんの人に美味しいといって食べてもらえることを励みに米作りをしている。しかし、毎日毎日の努力の積み重ねも自然には勝てない時がある」という。丹精込めて育てても、台風、日照不足など天気が悪くては今までの努力が水の泡になってしまうことも。それでも、米一筋、おいしいと言ってもらえる米、高品質米を作ることを目標にこれからの3か月間地道な管理作業を続けるという。

 吉本部会長は「ふっくりんこは道南でできたお米なので、今金の気候にあっていると思う。安定して作りやすい品種で、不作になりづらい。」という。食味も高評価をえているので、ふっくりんこを作っているそうです。田植えまでがとても忙しく気が抜けなかったけれども田植えを終えて一息入れることができているようで、少しほっとした笑顔で話してくれました。

平成から令和へ 今金米 ふっくりんこ、元気に始動!

2019/06/17

 新元号令和が発表になった2019年4月。まだまだ風が肌寒く、春耕の土の匂いが漂う今金です。山々に雪が残っているものの、雪解けが早く本格的に農作業が始まっていました。

 

 

 4月初め、JA今金町の施設内では種もみの温湯消毒作業の真っ最中です。

 JA今金町では平成19年から減農薬の一環として一部種もみの温湯消毒を行っています、温湯消毒により農薬を少なくすることができるので、よりクリーンなお米を作ることができます。

 

施設内部での作業の様子です。作業を簡単にご紹介します。

(種子を入れた種子袋を 60℃の温湯に 10 分間浸漬する。→浸漬直後、温湯の水面付近で種子袋を5回程度上下させ、種子袋内部の温度の均一化を図る。→温湯浸漬処理終了後、ただちに種子を水で冷却する。)

 

 4月12日、今金稲作部会の吉本部会長のハウスでは米の籾蒔き作業を行っていました。お忙しい中、少しお話を伺いました。

 吉本部会長は、今金で代々農業を営んでいる5代目です。就農してから22年になり、3年前から経営を引継ぎ、今金男しゃくで名高い今金で米作り一筋に取り組んでいます。「ゆめぴりか」「大地の星」「ふっくりんこ」の3品種を作付けしています。
 昨年は米づくりの努力が認められ、皇室献上米を奉納しました。品種は「ふっくりんこ」です。就農してから一番印象に残っている出来事になったそうです。
 今金稲作部会では、土地と肥料のバランスがとれた田んぼにし、みんなで一致団結して高品質米・低たんぱく米を作ることを部会の目標にしているそうです。

 

 

吉本部会長のところでは、ハウスの中で籾蒔き作業中でした。籾蒔き作業はなかなか見る機会がないのでご紹介します!

 

 

ハウスの中で種もみが丸いポットに数粒ずつきれいに入り(↑上写真)、その上に自動で土がかぶさります。そして運搬機にのってハウスの中へまっしぐら・・・・・・!(↓下写真)。

 

 種もみはこのハウスで数週間、田植えを待ちます!
 収穫までの半年間、気が抜けない今金米職人の戦いの始まりです。職人の温かく力強い手が、今金米を育みます。

今金男しゃく 爽やかな夏の畑で~ピリカ男しゃくの今金日記~

2017/07/29

 7月6日の今金は、北海道にも本格的な夏の到来を思わせる暑い日差しが畑にふり注いでいました。

 前回(6月13日)は、まだまだ小さかった男しゃくは、もう、花をつけ始めていました。今回は、山道を登った小高い丘の上の畑にお邪魔しています。

 

DSC_0012e
 通り抜ける風にゆらゆらと揺られながら、”太い・厚い・緑が濃い・つやつやした”葉っぱと茎、見るからに健康そうなしっかりした男しゃくは見事でした。しっかりたくましい茎・葉の姿に比べ、花はとっても可憐なんですよ。薄紫で清楚な姿、この景色も北海道の見どころの一つになるのでは・・。満開になるのが楽しみです!

 imakane_cara1
 こちらの畑の経営者の宮本 翼(たすく)さんに話を聞いてみました。

宮本さんは「農業をやりたいと思ったのは中学生の時、父の姿をみて決めていた」といいます。高校を卒業後、後継者として跡を継ぐためすぐにお父様のもと13年間農業しながら経営も学び、昨年の春からお父様に代わって農業経営者となりました。水田・芋・麦・白大豆・黒豆など合わせて46haの作付けをしています。

 

DSC_0033

 

 「農業はやればやるだけ、自分が頑張った分だけ収穫の秋には応えてくれる。毎年毎年その年で収穫量や所得が違うので緊張感があり、いい時もあれば悪いときもあり、それもまた、農業の面白さ」。また、「男しゃくは芋の中でも歴史のある品種なので、品種改良等されていない分、病気などに弱く、育てるのが難しい。だから、管理作業は手を抜かず、一生懸命やっている。また、土質づくりには特に力を入れている。小培土と中培土と必ず2回盛る。」これはお父様の時代からずっと受け継いできている作業の一つだそうです。

imakane_cara1a

 

 「大変でも手を抜かず、手を掛ける。そして、培土を美しく盛る。」まさしく、今金男しゃく職人。いろいろ試行錯誤してきた結果、「昔からのやり方を手を掛けずに合理化するばかりではだめ。昔からの手法はいいところが多く、それを引き継いで今金男しゃくを守っていきたい」と熱く語ってくれました。

 

DSC_0036

 

imakane_cara1b

宮本さんに「今金男しゃくのここが一番!」というお題に答えていただきました。

 「今金の男しゃくは、単純な料理でもおいしく食べられる!味をつけなくても芋の味で勝負できるところ。たとえば、塩煮にしたときの香りといい、ほくほく感といい絶品!」。今金では収穫の時の芋のライマン値(でんぷん値)の基準値を高く設定しているそうで、最後まで気を抜かず、いいものを消費地に届けたいという職人の意気込みが伺えます。

 宮本さんからいただいた「今金男しゃく ここが一番!」は「今金男しゃくは香りとほくほく感が最高!」でした。

 

imakane_cara1c

 次に「今金 ここが一番!」を伺ってみました。

「あったかくやさしい人が多く、落ち着く町。となり近所との繋がりやふれあいがあるためか、一度都会に出ていた人がまた今金に戻ってくる人が多い。」

 宮本さんからの「今金 ここが一番!」は「今金は近所との”繋がり・ふれあい”があったかい!」でした。

 

 今回話を伺って、今金町は昔からの品種の男しゃくを大切に守り、昔からの今金職人の技が継承されていっていることを感じました!

 

imakane_cara1

 

 

 

 

 

 

 

教えてピリカ男爵~培土って・・?

 

プリント

 

上の写真をよーくみてみるのじゃ。培土とは、「作物の株際に土を寄せる作業のこと。土寄せ」ともいう。培土をすることによって、いい芋ができるのじゃよ。培土の大切な役目は次のようなことじゃ。

一つ目は、芋の肥大開始時期に培土を行うことで緑化イモの発生を防ぐ。

二つ目は、株の根元が押さえられるので倒伏防止効果がある。

三つ目は、土中の温度を芋の肥大に最適な温度に保てる。

だから手を抜くことはできないのじゃよ。お分かりになったかな!

 

 

 

 

 

今金男しゃく 初夏の畑で~ピリカ男しゃくの今金日記~

2017/07/07

 6月13日の今金は透き通るような快晴で、鳥のさえずりがあちらこちらから聞こえ、初夏の香りに包まれていました。

 DSC_0025
 5月の連休前には平年同様植え付けが終わり、1か月ちょっとたった男しゃく畑の様子です。

 畑の風景を見て出た第一声は、「きれい!」でした。空気もきれい、山並みもきれい、畑もきれい!まだ、小さく茎とはっぱでしたが、どこか違うな~って思います。農業経験なしの私に、どこが違うと聞かれても・・ですが、とにかく「きれい!」でした。

imakane_cara1a

 6月の太陽をいっぱいに浴びて、太い茎と緑が濃~い葉っぱが見事!感動!これが今金男しゃくとばかりに、空に向かって葉を広げています。

 いい土と、昼と夜の寒暖の差が大きいこと、また日中いい風が吹き抜けるという自然の恩恵とそれを生かす生産者さんの努力があって、今年もいい男しゃくが育っているのですね。

imakane_cara1

 こちらの畑の生産者の土橋龍二さんに話をききました。

 土橋さんは高校を卒業後、北海道立農業大学校に進み、卒業後、お父様のもとで就農して9年になります。小麦・大豆・小豆・米・芋・ビートなど45haの畑作中心の農業を営んでいるそうです。

DSC_0017

 最初はわからないことだらけで、親や先輩、仲間に聞きながらようやく9年、もう9年たちました。疑問に思うことは、周りの先輩や仲間お父様に聞いて自分なりに考え十分納得してから行動に移すという。

 「農業が大好き!」という土橋さん。手をかけた分だけ形になるし、努力した成果が実感できるところが農業の魅力だという。「自然相手なので、どうしようもないこともあるが、それ以外は努力が結果につながる」。「今後は大規模化して、地力を高めていきたい。もっともっといい土を作っていきたい」。そして「これからも全国トップの品質を保っていきたい」と目を輝かせ、力強く話してくれました。

imakane_cara1b

 土橋さんに『今金男しゃく ここが一番!』というお題で一言お願いしました。

 

 自分では気がつかなかったですが、本州の友人、知人に男しゃくを送るとみんな「甘い!!うまい!!」と絶賛すると言い、改めて今金男しゃくを再認識するという。

 土橋さんからいただいた「今金男しゃく ここが一番!」は「今金男しゃくは甘い!!うまい!!」でした。

 

imakane_cara1c

DSC_0019

 次に「今金 ここが一番!」を伺いました。

 周りの農家さんがやさしくて、みんないい人ばかりなので地元が好き。仲間との絆、繋がりが深いためか、ほかの町村に比べ農業を継ぐ若い人が多いという。

 土橋さんからいただいた「今金 ここが一番!」は「今金は農業を継ぐ若い人が多い」でした。

 

 今回話を伺って、今金に希望や勢いを感じました。若い力は今金男しゃくを未来に繋ぐ財産になりますね!!

imakane_cara1

「特番ぴりか物語」に戻る