今金発!ニュース今金発!ニュース

今金通信

檜山北高等学校 玄米センター見学

2013/12/19

12月16日、檜山北高等学校の生徒20名、関係者5名の計25名が「函館育ちライスターミナル今金工場(玄米センター)」を見学に訪れましたヽ(・∀・)ノ

玄米センターを販売課・米担当の山口徹也さんが案内し、施設について説明しました。

今金米は「大地の職人」がつくっており、あっという間に今金米はおいしくて釜が空になるという意味を込めて、「即今釜空の今金米」のキャッチフレーズを掲げています。

センターで受入している米の種類・量についての説明、実際にどのように保管しているかを生徒たちに見せました。

生徒たちは熱心に話しに聞き入っていました゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚イイネェ

農業後継者就農激励会

2013/12/16

12月13日、農協本事務所2階 大会議室にて「平成25年度農業後継者就農激励会」が開催されました。

当日は30人が参加し、農業後継者である八束東地区・野田直樹さん(経営者 野田勝則さん)を激励しました。

これからの今金町を支える担い手に激励の言葉をかけ、懇親を深めました♪

今金ブランド食材大放出キャンペーン 抽選会

2013/12/12

北海道じゃらん10月号にて先日取材を受けていた今金の米・馬鈴薯の記事が掲載されました(v´∀`*) イエーイ♪

「今金ブランド食材を食べに行こう!」と大々的に掲載されており、『今金米』は清流「後志利別川」の清らかな水と、職人の技と思いが一粒一粒丹精に育んだ良質なお米、『今金男しやく』は「その年の男爵いもの価格は、今金男しやくで決まる」といわれるほどの逸品。春と秋の寒暖の差が生み出す甘さと、デンプン量の高さによるホクホクとした食味は他の追随を許さないと高評価を頂きました☆⌒v⌒v⌒ヾ(≧ω≦)ノヒャッホーィ♪

更に今金町内の7件のお店の紹介もされており、紙面掲載メニューを食べた方に、抽選で今金米や今金男しやくなどの今金町の特産品を抽選で20名様にプレゼントする「今金ブランド食材大放出キャンペーン」を実施し、その抽選会が12月1日に行われました。

当選者は応募された中から小田島組合長・内ヶ島専務に抽選をしていただきましたヽ(*´v`*)ノ

当選した皆様、おめでとうございますo(´∀`o*ォメデ㌧o*´∀`)o今金の秋の味覚を自宅でおいしく味わってください♪

函館育ちふっくりんこ蔵部 どさんこワイド出演

2013/12/05

12月5日午後4時40分ごろ、函館育ちふっくりんこ蔵部が街角30秒勝負へ出演しました。

今回は各JAより、生産者・担当者が出演しており、今金町からは稲作部会長・函館育ち北部米品質向上委員会長の中野公郎さん、JA今金町販売課係長藤田倫史さんが出演しました。

「ふっくりんこ」は今年で10周年を迎え、ふっくりんこの魅力についてPRしました。

是非「ふっくりんこ」を食べてください!

ふるさとの恵みとほほ笑みに感謝する日

2013/11/25

11月22日、「ふるさとの恵みとほほ笑みに感謝する日」として幼・小・中の食育推進のために青年部・女性部が児童生徒と一緒に食事をしましたヾ(o≧∀≦o)ノ゙

本事業は、食した乳幼児、児童生徒、教職員にとって、生産者の作物に対する思い、育てる苦労を知り、郷土でとれた作物である『ふるさとの恵み』と「生産者」や「調理する人」への感謝する『ほほ笑み』の心を育む良い機会となり、学校はじめ保護者、生産者、関係機関からも高い評価をいただいています(゚v`d)

女性部からも種川小学校・今金小学校・今金中学校に新じゃがいもの塩煮の調理をしに朝から集いました。

児童の為に、たくさんの塩煮を作りました!

給食を頂く前に、JA今金町女性部、JA今金町各生産者部会の皆様から米やじゃがいも等に関する簡単なお話をいただき、児童生徒と一緒に食しました。

φ ヽ|・∀・|ノ▽ イタダキマース

皆さん感謝しながらいただいていますφ(c・ω・ )ψ モグモグ

ごちそう様の前に児童生徒より感謝の言葉をいただきました(人∀≦+))

毎日食べているおいしい食材に感謝をし、食育推進を図れたと思います(・∀・)

ホームに戻る