今金発!ニュース今金発!ニュース

生産部会・振興会 総会シーズンに突入!

2016/03/08

 3月に入り、生産部会・振興会の総会が毎日のように開かれます。組合員の皆様におかれましては、加入部会の総会への積極的な出席をお願い致します。

【総会日程】

開催時間等は事務局までお問い合せ下さい。また、日程は変更になる場合もありますのでご了承下さい。

・3/7  今金町水稲直播研究会

・3/8  檜山北部広域小かぶ部会 

・3/9  今金町ミニトマト振興会

・3/10 今金町種子馬鈴薯委員会

・3/11 今金町軟白長ネギ振興会

・3/15 今金町農業協同組合女性部

・3/16 今金町稲作部会

・3/17 今金町畑作部会、今金町早出し馬鈴薯振興会、

       今金町麦作振興会 合同総会

・3/18 今金町アスパラ生産組合

・3/22 今金町農業協同組合青年部

・3/23 檜山北部広域大根部会

・3/24 今金町ブロッコリー生産組合

・3/25 檜山北部広域人参部会

・3/29 今金町和牛生産改良組合

・3/30 今金町酪農部会

 

本日開催の小かぶ部会の総会の様子

 

 

 

 

3月7日『水稲乾田直播栽培・無代かき移植栽培』セミナーを開催しました。

2016/03/08

省力化等を目的として近年全国的に取組が増加している水稲直播栽培・無代かき移植栽培ですが、国営事業による基盤整備の開始に伴い当町でも興味を持たれている方が多くいらっしゃる事と思います。

この度、直播・無代かき栽培の先進地である岩見沢市などで栽培について指導を行われている「全国土を考える会」齋藤義崇氏らをお迎えしセミナーが当JA大会議室で開催されました。

 

今回のセミナーは今金町水稲直播研究会が「北海道土を考える会」の先生方をお招きし開催というスタイルで、研究会にとっても初めての試みとなりました。セミナーのテーマは「よろず相談」。乾直栽培と無代かき栽培について一通り座学を行ったあとは、個別相談スタイルで自由に話を聞けるブースが設けられ、皆さん思い思いにお話しを聞いていました。


今回の参加人数は生産者23名でした。またこうした機会を設けたいと考えていますので、今回参加されなかった方は次回是非ご参加下さい。また、研究会では新規の耕作者を大募集しています!少しでも興味のある方は、研究会生産者もしくは事務局(営農部農業経営課工藤)までお声かけ下さい!


↓直播の栽培マニュアルが空知農業改良普及センターのHPよりダウンロードできます。

※道南版の湛水・乾田直播マニュアルもありますので、興味のある方は事務局までお声かけを

http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/ss/nkc/soc/jika/03.htm

まずは座学で一通り栽培の流れを確認!

 

 

全国土を考える会「齋藤義崇」さん(写真左)

齋藤さんは、空知農業改良普及センターに普及指導員として17年間奉職され、現在は自ら農業を営みながら、考える会を中心として乾田直播、経営管理について助言を行われています。非常に熱い人物です!

↓個別相談の様子

 

JA今金町女性部「夢工房手作りの味」が農産加工品販売を行いました

2016/02/29

 2月26日、JA今金町女性部(部長:鈴木幸子さん)の農産物加工販売グループ「夢工房手作りの味」がAコープいまかね店の店頭で、漬け物やべこ餅などを販売しました。

来店頂いたお客様の皆様には大変ご好評頂き、数時間で完売となりました。またのご利用お待ちしております。

 1日限定の販売となりましたが、また販売を行う際には店頭などでお知らせしますので宜しくお願い致します。 

 

 

 

 

TPPから「北海道農業」「地域社会」「命」「国民」「暮らし」を守ろう

2016/02/22

 

TPPに対するJAグループ北海道の新バッジが本日、当JAの職員に手渡されました。

TPPの影響については当JAの広報誌等でもお伝えしてきたとおりです。

昨年11月に大筋合意が伝えられた事から旧来の「交渉参加反対」を訴えたバッジグッズ類は掲示を取り下げてきた経緯にあります。

今回新しいバッジをJAグループ北海道として作成したわけですが、

「いつまでも参加反対を言っても現実を直視していない。大筋合意をしっかりとらえて前向きに進んでいかなければ」と、JA北海道中央会飛田稔章会長は1月27日の定例会見で述べています。

 

農業は私達の地域を支える大切な産業であり、地域社会を形成してきた文化でもあります。

様々な御意見はあると思いますが、JAグループ北海道として組合員・役職員の力を合わせて運動を展開していきましょう。

 

↓旧バッジ

お米がライスターミナルに初出荷されました

2015/09/16

町内では9月5日から水稲の収穫が始まりましたが、本日からライスターミナルへの出荷が始まりました。

本年出荷のトップとなったのは、岡林国光さんと吉本辰也さん。品種はいずれも「ゆめぴりか」となりました。

午前9時30分からは初出荷を祝うセレモニーが行われ、小田島親守組合長・外崎秀人町長など多くの関係者と共に喜びを分かち合いました。

お二人にはお祝いとして清酒が贈呈されました。

 

写真左側より  今金町産業振興課川平課長 外崎秀人町長 岡林国光さん 

        吉本辰也さん 今金町農協大場常務 今金町農協小田島組合長

        今金町農協内ヶ島専務 今金町農協工藤営農部長  

        檜山農業改良普及センター檜山北部支所小澤支所長

 

 新米のおにぎりも振る舞われました♪やっぱり新米の味わいは格別ですね!

 

ホームに戻る